バターコーヒーダイエットにお勧め、コスパ最強グラスフェッドバター

最近バターコーヒーブームが再燃しています。

一番最初の出始めは2015年頃。デイブ・アスプリーさんの著書、「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」が出版された頃です。

最初は、「コーヒーにバター?変なのー」っていう反応でしたが、バターコーヒー専門店が代々木にできたり、今やコンビニでも手に入るようになっています。(ファミマから2017年12月に発売されました!)

「最強の食事」の本を手に取った時は、脂肪たっぷり食べてOK、1日あたり0.5kg痩せていく、みたいなフレーズに若干の胡散臭さを感じてました。

でも冒頭に、「この本を手に取ったあなたは単に痩せたいだけじゃないはず、もっとエネルギーで満ち溢れた日々を過ごしたいと望んでいるはず」って書いてあったのが心にぐさり。

この人めっちゃ気持ち分かってる…そう、単に痩せたいだけじゃない…。

その瞬間にグラスフェッドバター、MCTオイル、コーヒーミル、コーヒー豆をAmazonでぽちってました(笑)。

もうアスプリー先生にとりあえずついて行きます!!まずはやってみます!

それから早3年、今ではすっかりバターコーヒーを朝食にするのが習慣になっています。

ネットでバターコーヒー(「最強の食事」では完全無欠コーヒー)やってみた系のブログを見ると、バター選びで苦戦してる人も意外といるようです。

私が紹介したいバターの4倍くらい高いエシレバターを使ってたり、高いからって普通のバターにしてたり。

なので、ここでは私が3年ほど愛用しているバターをご紹介していきます。

3年間愛用してるグラスフェッドバター

これです。ウエストゴールド/Westgoldの1キロのやーつ!!Amazonで売ってます。

最初は買うのに若干躊躇しました。

こんな大量に買って食べきれるのか、保存きくのか、バターコーヒーまずかったらどうするのか、、、

でも、それ以外の選択肢が高すぎて、えいやで購入!

ちなみにその他選択肢はこんな感じ↓

バターコーヒー1杯あたり15gくらいのバターを使うので、その単価も出してみました。単価が高い順に並んでます。(Amazonで調べた2020年6月14日時点の価格です。現在は変わっている可能性もあるのでご確認を!)

メーカー 販売単位・価格 15g単価
Grand Fermage(グランフェルマージ) 500g 5,190円 156円
なかほら牧場 100g 5,980円 90円
ECHIRE(エシレ) ※1 100g 3,980円 60円
よつ葉乳業 ※1 450g 1,714円 58円
ウエストゴールド ※2 1kg 3,400円 51円
フォンテラ社 5kg 9,720円 30円

※1:「グラスフェッドバター」とは明記していません。

※2:ちなみにこの価格表、2018年から作ってますが、2019年は1kgあたり2,945円だったのが、2020年には3,400円と値上がりしています。他のバターも同じく上がっているので、ウエストゴールドだけではないようです!(グランフェルマージに至っては、【2019年】3,300円/500g→【2020年】5,190円/500g!!!)

グラスフェッドバターの中では、ウエストゴールドがダントツでコスパ良しです。

フォンテラ社のバターが一番単価が安いですが、5kgはさすがに家庭用には現実的ではないかも・・・

だって1杯15gのバター使って1日に2回バターコーヒー飲んだとしても、消費するのに半年かかる。もし1日1杯だと1年・・・!それまでの保管とか切り分ける手間を考えると、せめて1kgくらいが妥当かなといった感じがします。

ウエストゴールドの簡単な紹介

生産地はニュージーランド。100%ニュージーランド産の牛乳を使って製造されているそうです。着色料、保存料、油は一切無添加。ニュージーランドの牛は牧草で育っているので、グラスフェッドバターができるわけですね。

100%グラスフェッドなのか、という点については、牧草の生育状態は春から秋にかけてばらつきがあり、農家の判断で、干し草や穀物を代替のエサにすることもある、とホームページに記載されています。

日本だと、Amazonや楽天経由で、ロシア会社が販売しているものを購入できます。

パッケージにロシア語が書いてあるからちょっと怪しげですよね。でも大丈夫。製造元のニュージーランドの会社のホームページも確認して、品質に対するこだわりを・・・・・ってちょっと待て。

ロシア語が書いたパッケージのWestgoldのロゴと、ニュージーランドの本家大元のグラスフェッドバター、ロゴが微妙ぉぉぉぉっに異なっている・・・

よく見てください・・・!!最初のWとか、最後のDがシュッとなっているところとか、わずかに違う。

まさかロシア販売会社経由のバターってぱちモン?

このままでは愛用している「Westgold(ウエストゴールド)」バターを責任を持ってご紹介できない・・・

ということでそれぞれの会社に問い合わせました。内容はこんな感じ。

・ニュージーランドの製造元の「Westland Milk Products」には:ロシアの会社が「Westgold(ウエストゴールド)」っていう名前でグラスフェッドバターを売っているのですが、貴社の製品でしょうか?

・ロシアの会社「west product marketing」には:販売されているのはニュージーランドのWestland Milk Products社の製品ですか?販売されているのはグラスフェッドバターですか?

で、ニュージーランドの会社からは以下の通り返答をいただきました。(グレー部分は名前)

弊社のWestgoldバターに関する問い合わせをありがとうございます。購入されたバターはロシアのロゴがついた弊社の製品です。

Westland Milk Product トレイシーより

ということで、本家本元からそのように回答を得たので、安心してご紹介できました。

前置き長くてすみません。ということで、やっと安心して紹介できます。

バター1キロの保存方法

バターは冷凍便で届きます。届いたらまず100g×10個に小分け。

包装紙の裏側に目盛りがついてるから安心です。こんな感じ↓

※最初は冷凍されたまま切ってました。そのままでもちゃんと切れますが、たまにまっすぐ切れない時があるので、最近は一度冷蔵状態にして少し柔らかくしてから切ったりしてます。

たぶん品質考えると、冷凍と解凍は繰り返さない方がいいです。でも冷凍で受取→一旦冷蔵して小分けにカット→また冷凍して保存→冷蔵に戻す→食べる、みたいにしてても、味の劣化は感じたことありません。

※メーカーのホームページでは、6か月までは冷凍保存可能と記載されています。

切るとこんな感じになります。切る時にちょっと力がいります。

この状態から包装紙をはがしてラップしていきます。

この状態で小分けしたら、あとは冷凍保存しておきます。私は冷凍庫で半年近く保管してますが、品質に問題感じたことは今のところないです。

で、実際に食べる時はこのかたまりを8等分します。

1個約12.5gになる計算。「最強の食事」では、バター大さじ1杯って言ってたからだいたい同じくらいですね。

この状態で容器に入れて冷蔵保存していれば、朝ご飯でバターコーヒーに使う時も、料理に使う時も、ポンと手軽に使えます。

皆さまもコスパの良いバターで最強のバターコーヒー生活をスタートください!